ハイアット リージェンシー 東京ベイ、AI通訳機「ポケトーク」を活用した多言語対応を開始

2023年12月1日、ハイアット リージェンシー 東京ベイ(千葉県浦安市)は、日本を訪れる観光客の増加を受け、AI通訳機「ポケトーク」を活用した多言語対応を開始すると発表しました。

目次

2023年12月1日、ハイアット リージェンシー 東京ベイ(千葉県浦安市)は、日本を訪れる観光客の増加を受け、AI通訳機「ポケトーク」を活用した多言語対応を開始すると発表しました。

同ホテルは、ディズニーランドなどの人気スポットに行きやすく、旅行だけでなく出張での利用にも適していることから、近年では海外からの観光客の利用が増加しています。

今回の取り組みでは、ホテルのスタッフ向けに「ポケトーク」を導入し、多言語でのおもてなしを実現しました。また、宿泊客向けには、2023年12月1日から2024年2月29日までの期間限定で「無償貸出プログラム」を実施し、ホテル滞在中を通じて「ポケトーク」を無料で利用できるようにしています。

「言葉の壁」をなくすことで、日本滞在を通した顧客体験の向上を目指すとともに、訪日客の誘致促進、そして「持続可能な観光」の実現に取り組んでいきます。

「ポケトーク」とは

「ポケトーク」は、互いの言葉を話せない人同士が自国語のままで対話できるAI通訳機。74言語を音声・テキストに翻訳し、11言語をテキストのみに翻訳可能です。クラウド上の最新最適なエンジンとAIを使った翻訳精度の高さが特長で、長い文章も訳せます。Wi-Fiのない所でも世界130以上の国と地域で、そのまま使えるモバイル通信機能を内蔵している点も特徴と言えます。