アニメやゲームの海外展開の勢いが止まらない!2023年には売上の50%を超えると予測

画像出典:ゲームの翻訳・ローカライズの重要性と手順

日本発で海外でも大人気となっているアニメやゲーム。その海外での人気は日本国内を超える勢いを見せている。その要因となっている翻訳やローカライズについて注目が集まっている。

目次

近年、アニメやゲームの海外展開は急速に進展しています。2023年には、日本国内のアニメやゲームの売上のうち、海外売上が50%を超えると予測されており、その勢いは今後もさらに加速していくと考えられるでしょう。

アニメやゲームの海外展開において、翻訳やローカライズは欠かせない要素でと言えます。翻訳やローカライズにより、海外の視聴者やプレイヤーに作品の魅力を正しく伝えることができる点がその理由です。

アニメやゲームの海外展開における翻訳やローカライズの具体的な役割は、以下の3つに分類できます。

作品のストーリーやキャラクター、世界観を正しく伝える

アニメやゲームは、ストーリーやキャラクター、世界観が重要な要素です。翻訳やローカライズにおいては、これらの要素を正しく伝えることが重要だと言えます。

たとえば、日本のアニメ「鬼滅の刃」では、主人公の竈門炭治郎の「家族を助ける」という強い意志や、仲間との絆が作品の魅力のひとつです。

翻訳やローカライズにおいては、これらの要素を正しく伝えることで、海外の視聴者に作品の魅力をしっかりと伝えることができました。

海外の文化や慣習に合わせる

アニメやゲームは、その作品が制作された文化や慣習の影響を受けています。翻訳やローカライズにおいては、海外の文化や慣習に合わせた表現を行うことが重要です。

たとえば、日本のゲーム「ポケットモンスター」では、日本の伝統的なポケモンの名前や、日本の文化や慣習を反映したポケモンのデザインが特徴として挙げられます。

翻訳やローカライズにおいては、これらの要素を海外の文化や慣習に合わせた表現にすることで、海外のプレイヤーにも親しみやすくすることができました。

海外の視聴者やプレイヤーに親しみやすい表現にする

アニメやゲームは、海外の視聴者やプレイヤーに親しみやすい表現にする必要があります。そのためには、海外の視聴者やプレイヤーの習慣や好みに合わせた表現を行うことが重要です。

たとえば、日本のアニメ「ハイキュー!!」では、日本の体育館で行われるようなバレーボールの試合シーンが描かれています。

翻訳やローカライズにおいては、海外の視聴者にもわかりやすいように、コートのサイズや選手の動きなどの表現を工夫することで、海外の視聴者にも親しみやすい表現にすることができました。

まとめ

このように、翻訳やローカライズは、アニメやゲームの海外展開において重要な役割を果たしています。今後も、翻訳やローカライズの技術やノウハウの向上が、アニメやゲームの海外展開のさらなる発展につながっていくでしょう。

なお、上記文章はあくまでも一般的な事例を踏まえた概説であり、個々の作品や企業の状況によって、翻訳やローカライズの役割や重要性は異なる可能性があります。