中国語翻訳の基礎知識!翻訳のポイントや注意点を徹底解説

by TMJ JAPAN

画像出典:中国語翻訳の基礎知識!翻訳のポイントや注意点を徹底解説

日本と中国は、文化、歴史、経済などの多くの面で深い関連性を持っています。これにより、日本における中国語翻訳の需要は非常に高く、ビジネス、学術、観光、文化交流など多岐にわたります。以下で、日本における中国語翻訳のポイントなど基礎的な情報について詳しく解説します。

目次

中国語翻訳のポイント

日本における中国語翻訳は、独自のニーズや背景があります。適切な方言や文字の選択、そして文化や専門知識の理解が、質の高い翻訳を実現するための鍵となります。

文化的背景の理解

中国語と日本語は、文法や語彙に大きな違いがありますが、文化や歴史の背景も重要です。言葉の背後にある文化的な意味合いを理解することが、翻訳の質を向上させる鍵と言えるでしょう。

繁体字と簡体字の選択

対象地域や読者によって、使用する文字を選択する必要があります。例えば、台湾向けの文書であれば繁体字、中国本土向けであれば簡体字を使用します。

繁体字とは、伝統的な中国の文字で、歴史的に使用されてきたものです。それに対して、簡体字とは20世紀中頃に中国で文盲率を減少させる目的で導入された、簡略化された文字を指します。

専門用語の適切な選択

ビジネス文書や技術的な文章では、専門用語の正確な翻訳が不可欠です。日本と中国での業界標準や専門用語の違いを理解することが重要となります。

ニーズの高い言語の分類・方言

北京語

中国全土での公用語であり、ビジネスや学術の場において最も一般的に使用される言語です。日本企業が中国本土との取引や交流を持つ場合、この方言の翻訳ニーズが高いと言われています。

広東語

香港やマカオ、広東省とのビジネスの際に必要となる方言。特に香港は国際的な金融の中心地であるため、金融関連の翻訳ニーズは広東語が高い傾向にあります。

上海

上海は中国の経済的な中心地であり、多くの日本企業が進出しています。そのため、上海語の翻訳ニーズも一定の需要があります。

日本における中国語翻訳のニーズ

日中の経済関係の発展に伴い、日本における中国語翻訳のニーズは増加傾向にあります。

日本における翻訳業界全体の市場規模は数千億円ともされていますが、その中で、英語と並び、中国語の翻訳ニーズは非常に高く、市場規模も大きな割合を占めていると考えられます。

そんな中国語翻訳の中で、ニーズの多い分野を大きく3つに分けてご紹介いたします。

ビジネス分野

契約書やマーケティング資料といったものが代表例です。日中のビジネス取引には、契約書や提案書が必須と言えます。特に、製造業やIT、金融などの分野では技術的な専門用語が多用されるため、高度な翻訳スキルが求められるでしょう。

また、中国市場への進出や中国からの観光客向けのマーケティング資料の翻訳も増加傾向にあります。

観光分野

観光資料やガイドブックなどが挙げられます。中国からの観光客数は増加傾向にあり、ホテルや観光地のパンフレット、ウェブサイトの中国語対応のニーズは高まっていると言えるでしょう。

学術・文化分野

研究論文や映画・ドラマの字幕など、ニーズの高い分野です。日中の学術交流も活発で、研究論文や学会のプレゼンテーション資料の翻訳ニーズも一定量存在します。

また、日本の映画やドラマの中国語圏への輸出も増加傾向にあり、それに比例して字幕翻訳のニーズも増加していると言えるでしょう。

IT・テクノロジー分野

アプリやウェブサイトのローカライズが挙げられます。優れたテクノロジーも現地の文化や背景などに合わせたローカライズをすることで、より現地に浸透しやすいものになると言われています。

グローバルに展開する日本のIT企業は、製品やサービスの中国市場向けローカライズを進めていくでしょう。

中国語翻訳を依頼する際の注意点

方言の特定

中国語には様々な方言があります。翻訳を依頼する際は、対象となる地域や対象者の言語を明確にすることが重要です。たとえば、北京語や広東語など、目的に合わせた方言を選ぶ必要があります。

文化・習慣の違い

単なる言葉の翻訳だけでなく、文化や習慣の違いも考慮することが必要です。特に広告やマーケティングのテキストでは、感じ取れるニュアンスやイメージが重要になるため、対象国の人々に受け入れられる表現が重要となるでしょう。

専門用語の確認

技術的な文章や業界特有の用語が含まれる場合、その用語の正確な翻訳を事前に確認することが望ましいです。対象の分野に専門性の高い翻訳者に依頼をすることを前提として、その上で自社でも正確な翻訳を把握しておくことで、チェック機能となれるようにしましょう。

翻訳サンプルの提供

翻訳の品質を確認するため、翻訳者や翻訳会社にサンプルを提供してもらうことを検討しましょう。納期に余裕がない場合には、サンプルの提供が難しくなるかもしれないので、早めに動くことが望ましいと言えます。

翻訳後のレビュー

翻訳後の文章が原文の意味を正確に伝えているか、専門家やネイティブスピーカーにレビューしてもらうことを推奨します。自社内では成果物の品質が判別できないケースが一般的なので、重要な翻訳の場合は特にレビューまで考えると良いでしょう。

日本における中国語翻訳サービスの選び方

実績の確認

依頼する分野や業界の翻訳実績がある翻訳者や翻訳会社を選ぶことが推奨されます。特定の分野に精通している翻訳者は、用語や文脈の正確な翻訳が期待できます。

分野や業界ごとに専門用語や正しい表現の仕方などがあり、専門性の高い翻訳者に依頼できるようにすると良いでしょう。

料金の確認

低価格での翻訳サービスが多い中、品質とコストのバランスを見極めることが重要です。安すぎる料金は品質に疑問符が付くことも。

例えば、少し価格が高い場合でも、成果物として納品するまでの流れの中に、対象言語のネイティブスピーカーによるチェックが含まれていることで品質向上をしている会社と、翻訳者が翻訳をするだけで成果物として納品する会社では、価格の違いに比例するように品質にも差が出るでしょう。

希望する品質を得られる中で、相見積もりをとって低価格な会社を選ぶなどが、品質とコストを見極める第一段階と言えるかもしれません。

納期の確認

翻訳の納期も重要なポイントです。納期を守れるか、また、緊急時の対応が可能かを確認しておきましょう。リソースが不足している会社などは、少人数の翻訳者がフルで稼動している可能性もあります。

そういった場合は、緊急事態が発生した場合などには、対応できないケースが出てくるかもしれません。事前に確認しておく方が望ましいです。

アフターサポート

翻訳後の質問や修正に対して、柔軟に対応してくれるサービスを選ぶと安心です。費用との相談にもなると思いますが、あまりに低価格な会社などでは、こういったサービスは難しいことが一般的です。

満足のいく成果物を得ることが目的の場合には、こういった面も考慮して最適な依頼先を見つけることをおすすめします。

クチコミ・評判の確認

実際にその翻訳サービスを利用した人々のフィードバックや評価を参考にすると、サービスの品質や対応を事前に知ることができます。

クチコミはユーザーの生の声が書かれているので、あまりに悪い内容の会社は避ける方が無難かもしれません。

ただし、クチコミを全て信じてしまうのも間違いの要因の一つになってしまうかもしれないので、実際に話を聞いてみた上でクチコミも合わせて判断できると良いでしょう。

まとめ

日本では、英語と並んで翻訳ニーズが高いと言われている中国語翻訳。中国に支社を持つ企業も多くあり、中国語に馴染み深いビジネスマンも多くいるでしょう。

また、「爆買い」などとニュースになることも多いですが、中国人観光客が日本を訪れる機会も増加傾向にあります。その人々が快適にバカンスを過ごすためにも、中国語翻訳の力は必要です。

翻訳の依頼先探しや中国語翻訳の基礎知識など、今回ご紹介した内容をよくご確認し、活用していただければ幸いです。

中国語翻訳なら、TMJ JAPANがおすすめです。

TMJ JAPAN

東京都品川区にある翻訳会社です。日英翻訳を中心に、他言語に渡る翻訳・通訳サービスを提供する翻訳会社・通訳会社です。